カードローン

ブラックでも借りれるカードローンについて

ブラックでも借りれるカードローンはあるの?

 

答え:ありませんっ

 

 

昔と今は違う

 

消費者金融(アコム、レイク、モビット、プロミス、アイフル、武富士)から昔はブラックリストでもお金が借りれた記憶のある人は多いと思います
3社以上のカードローン会社にキャッシングしていても簡単に新規で借入れできたりしていましたし
トータル借入金額が300万円超えの人なども事実多かったですね
そもそも
消費者金融は審査なしで来店すればすぐに誰でも借りれるところが多かった時代も過去にはありました。
ですが
総量規制がはじまったことで他社の借金を延滞中の人や債務整理をした人への審査が厳しくなり
カードローンを取り扱っている大手ではブラックになるとお金が借り入れできなくなったのです。

 

 

総量規制で何が起きたの

 

平成18年18月のから徐々に貸金業法改正がはじまり、平成22年6月18日に完成

 

1度は耳にしたことがあると思います『総量規制、そうりょうきせい』
これは、国が決めた法律です
簡単に言えば、年収の3分の1を超えるフリーキャッシングの借り入れを消費者金融からはできなくしたのです。

 

総量規制対象外もあります:
住宅ローン、教育ローン、カーローン、銀行が貸し出すフリーキャッシング

 

銀行は年収の3分の1を超えてもローンが組めるのに
消費者金融からのフリーキャッシングは認めない、こんな感じです。

 

消費者金融は金利(利息)を利益にして、金融業をしているのでお金を借りる人が減ってきたことで徐々に弱体化していきました。

 

 

過払い金返還ブーム

 

さらに過払い金返還ブームがありました
消費者金融は一昔前まで
金利約30パーセントでお金を貸出していたのですが
金利約20パーセントまでの貸し出しが基準になりはじめ
過去10年間分の差額約10パーセントの金利を返還する
『過払い金返還ブーム(債務整理の一種)』によってますます、消費者金融はますます弱体化していきました。

 

このころになると、ニュースでも取り上げられていましたが武富士が業績悪化によりつぶれてしまいました。

 

 

アコム、レイク、モビット、プロミス、アイフルについて

 

残りのアコム、レイク、モビット、プロミス、アイフルはどうなったのか?
潰れはしなかったのですが、それぞれ銀行の傘下になりました。
※なんとなくcmなどで○○銀行のアコムなどのフレーズを耳にするようになりましたね

 

■アコム
三菱UFJフィナンシャル ・ グループの一員

 

■レイク
新生銀行

 

■モビット
三井住友銀行グループ

 

■プロミス
三井住友フィナンシャルグループの完全子会社

 

■アイフル
大手で唯一銀行の傘下に入っていない消費者金融

 

 

上を見れば自然と、どの消費者金融ならブラックでも借りられる可能性が少しはあるカードローンなのかみえてきますね。
銀行傘下の消費者金融は形だけで、銀行カードローンの審査を受けているような厳しさになったところがほとんどです
なのでブラックでも借りれるカードローンはないといえるのです。

 

 

異色のモビットとアイフルについて

 

ブラックでも借りれるカードローンはないと初めに言いましたが
2ちゃんねるや口コミ掲示板から情報をいろいろ集めていると不思議な口コミがたくさんありました。

 

銀行の傘下にあるモビットに申し込みブラックである5社以上申し込みをした人がお金を借り入れできていたり
アイフルの審査が甘いといったようなニュアンスの口コミが多いことに気づきました

 

カードローンを取り扱う金融会社の中では、ブラックでも借りられる予感のする消費者金融ですね

 

 

カードローンじゃなければブラックでも借りれる

 

カードを取り扱えるほどの規模がない中小消費者金融ならブラックでも借りれるところはまだあります。
※重度のブラック者は断られます

 

カードがないぶん、振り込み融資、振り込み返済と毎回キャッシングの出し入れが面倒になりますが
そこさえ我慢すれば中小消費者金融なら比較的審査には通りやすいです。
※絶対に借りれるやローン審査なしなどの激甘なところではありません

くらべる君なら約40社まとめて審査できる


くらべる君
アコム、アイフル、プロミス、モビット、りそな銀行、みずほ銀行などなど、約40社の金融機関に一括で申し込みができます。